中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知・港支部が総会で点検促進や安全活動など計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の港支部(鈴木護 支部長)は4月9日、蒲郡市の三谷温泉・平野屋で第32回定期総会(写真)を行い、定期点検促進や安全活動を骨子とした令和5年度事業計画を決めたほか、役員改選で鈴木支部長を再選した。冒頭、鈴木支部長は「自動車技術の進化や急速なデジタル化が推進される中、業界では整備士不足や車両法改正、新技術の対応など課題が山積しているが、今後もユーザーとの信頼関係をテーマにマイカー点検などの事業に取り組んでいきたい」と強調。

(全文は整備新聞 令和5年4月25日号:2面に掲載)

愛知自販協と軽協会がオンラインで決起大会開く前のページ

愛知・豊川支部が総会で高田支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・小牧支部、約30人が参加して新年祝賀会を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の小牧支部(舟橋和成 …

  2. 整備関係

    点検推進協議会がWebで必要性などをアピール

    国土交通省や日本自動車整備振興会連合会(日整連)など自動車関係…

  3. 整備関係

    愛知部販協が総会で講演会など事業計画

    愛知県自動車部品販売協会(石川量章会長)は6月23日、名古屋市…

  4. 整備関係

    令和4年春の褒章・名古屋市の玉田氏が黄綬褒章

    令和4年度春の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から、愛知…

  5. 整備関係

    愛知の継続車検、昨年9月から前年比減少

    登録車の継続車検市場が昨年9月から再び前年比マイナスに転じている。これ…

  6. 整備関係

    USS名古屋40周年+1記念、12662台で活発なセリ

    中古車オークション最大手のユー・エス・エス(USS、瀬田大 社…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP