中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振・理事会で令和6年度事業など承認

三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は3月13日、津市の振興会館で第187回理事会(写真)を開催。議題は令和6年度事業計画・収支予算、諸会議の日程予定など。また、報告事項では電子制御装置整備に係る認証取得、特定記録等事務代行委託制度の申請状況、OBD検査の導入に向けたシステム登録状況などについて説明した。

(全文は整備新聞 令和6年3月25日号:1面に掲載)

整備需要実態調査で総整備売上高DIは改善前のページ

岐阜連絡会、県内15校の高等学校訪問、奨学金制度のアピールも次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備人材確保へWG設置、離職者の復職後押しも

    国土交通省は、自動車整備業界における人材の確保や育成に計画的・効果的に…

  2. 整備関係

    整備関係

    ミャンマーから政府関係者ら整備士制度など視察

    経済発展が著しいミャンマーで、国家技能標準開発事業における自動車整備分…

  3. 整備関係

    新明工業・未来型ショールーム「Sow Zow」開設1周年イベント開催

    全国でも屈指の規模を誇る新明工業(本社・豊田市、近藤恭弘社長)…

  4. 整備関係

    令和3年度・中部の整備工場、3年連続で認証新規が廃止を上回る

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が進む中、中部地区における…

  5. 整備関係

    愛知の点検キャンペーン支部主体に各地で展開

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)は今年も11月後半まで…

  6. 整備関係

    三重支局・自販協が優良事業者や優良運転者など表彰

    三重運輸支局・三重県自動車販売協会・同自動車販売店交通安全対策…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP