中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備需要実態調査で総整備売上高DIは改善

新型コロナウイルス感染症が五類に移行され、経済活動が活発化したこともあり、景気は緩やかな回復基調にあると言われている中で、日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一 会長)の第56回「整備需要等の動向調査」の結果によると、昨年後半の総整備売上高、総入庫台数のDIはともに上昇し、3半期連続での改善となった。

(全文は整備新聞 令和6年3月25日号:2面に掲載)

愛整振・中川支部が新春研修で業界動向など学ぶ前のページ

三重整振・理事会で令和6年度事業など承認次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御整備認証・5月末で中部の取得率62・7%

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、5月末現在の電…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツが高齢者見守りで西尾市と締結

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  3. 整備関係

    整備関係

    新型コロナの感染予防で「窓口の混雑避けて」と協力訴え

    新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて「緊急事態宣言」が出されている中…

  4. 整備関係

    トラスティーレンタがカタログなどでレンタカーの代車メリットをPR

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

  5. 整備関係

    愛整振・岡崎支部、スーパーで3回目の無料点検を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の岡崎支部(横山陽一 …

  6. 整備関係

    経産省のコロナ禍対策「事業復活支援金」申請は5月末まで

    経済産業省では、中小法人や個人事業者を対象にコロナの影響を受けた事業の…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP