中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

レベル4自動運転の社会実装に向けプロジェクトの工程表など作製

国土交通省と経済産業省が設置した自動走行ビジネス検討会はこのほど、レベル4自動運転サービスの社会実装に向けて、今後五年間で取り組む次期プロジェクトの工程表などを内容とした「自動走行の実現及び普及に向けた取り組み報告と方針」をまとめた。

(全文は整備新聞 令和3年5月25日号:3面に掲載)

岐阜・土岐支部が独自のメンテナンスクーポン券で入庫促進へ前のページ

中部4月の整備工場数で廃止が再び大幅増加、愛知で目立つ次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知で連絡会主催の人材確保セミナーを開催

    「自動車整備業の人材確保と地域の“かかりつけ医”としての事業承…

  2. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

  3. 整備関係

    愛知整振・支部が主体で特定整備対応の資格取得講習を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、今年度からスタートし…

  4. 整備関係

    愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画

    愛知県軽自動車協会(坪内孝暁会長)はこのほど、新型コロナウイル…

  5. 整備関係

    愛知電装組合、理事会で総会上程議案など審議

    愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は3月15日、…

  6. 整備関係

    中整連総会、事業計画など書面決議

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP