中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・三河教育センター(仮称)建設を支部長会で発表

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は7月14日、小牧教育センターで第27回支部長会(委員長・川村会長)を開き、今年度事業計画で打ち出していた三河教育センター(仮称)の建設に向けた取り組みで、建設用地を蒲郡市内で約6200平方メートル取得することを発表した。建設予定地は国道23号蒲郡バイパスの蒲郡西インターから4・6キロ、車で約10分の場所。現在、蒲郡バイパスは名古屋方面からは蒲郡までつながっているが、2024年度には豊橋方面からもつながるため、東三河方面からのアクセスも格段に良くなるとしている。

(全文は整備新聞 令和3年7月25日号:1面に掲載)

電子制御整備認証・中部で取得率が26%に前のページ

愛知運輸支局が環境や分解整備228事業場を表彰次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振が理事会、山積する課題対応など強調

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は5月10日、小牧教育セ…

  2. 整備関係

    電子制御整備認証、中部の指定工場では82・7%に

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)の集計によると、5県整備振興会会…

  3. 整備関係

    愛整振・豊川支部が自動車技術の動向などで研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・豊川支部(近田清隆支部…

  4. 整備関係

    特定整備取得の大須自動車、エーミングを軸にユーザーに技術説明など

    特定整備制度への対応が求められている中で、エーミング作業も行う…

  5. 整備関係

    岐阜整振が11月13日に整備技能競技大会を開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月13日、岐阜市の岐阜整振…

  6. 整備関係

    日整連・竹林会長が整備業の夢胸に聖火リレー走る

    東京オリンピックの開催に向けて、三重県自動車整備振興会会長で日…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP