中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証・中部で取得率が26%に

特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、この6月末現在で中部(5県)では既存認証事業場の26%に達した。今年度に入って3ヵ月間に900工場強が電子制御認証を取得した。依然として全国平均を大幅に上回る取得率となっている。とくに、各県とも指定工場の取得ペースが上がっており、10月からの新点検基準施行までに更なる増加が見込まれる。

(全文は整備新聞 令和3年7月25日号:1面に掲載)

7月11日から夏の交通安全運動、県民あげて安全行動を前のページ

愛整振・三河教育センター(仮称)建設を支部長会で発表次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    DAITO―焼却炉のオンライン展示場を新設・新営業サービス

    小型焼却炉の製造・販売、メンテナンスなどを行うDAITO(本社…

  2. 整備関係

    愛整振会長に川村保憲氏(愛知日野自動車社長)が就任

    30年ぶりにトップ交代 坪内恊致会長の死去に伴い、愛知県自…

  3. 整備関係

    中日本自動車短大が留学生含め299人が入学

    神野学園・中日本自動車短期大学(山田弘幸理事長・学長)は4月6…

  4. 整備関係

    中部で特定整備認証取得が徐々にペース上がる

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が昨年秋以降、徐々に増加ペ…

  5. 整備関係

    岐南西支部が役員総会で事業計画などを決める

    岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)は3月2…

  6. 整備関係

    三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP