中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

コロナ禍で整備の人材確保にも影響、高校訪問など中止に

各県の運輸支局、自動車関係団体、整備士養成施設、高等学校で構成する「自動車整備人材確保・育成連絡会」では、例年、若い整備士の確保に向けて高校訪問や体験学習などの取り組みを展開しているが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で活動が滞っている。そうした中で、愛知県自動車整備人材確保・育成連絡会(会長・小林博之愛知運輸支局長)が今年度初めて連絡会を開き、高校訪問の実施結果や連絡会の活動状況などを報告した。(写真=愛知の連絡会)

(全文は整備新聞 令和2年9月25日号:1面に掲載)

オリ・パラ特別ナンバーの交付と申込期限を1年延長前のページ

三重の未来を考える会がコロナ禍での活動など意見交換次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・守山支部が総会で地域密着の安全活動や点検促進を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の守山支部(鵜飼昌治支部長)はこ…

  2. 整備関係

    愛整振・港支部が警察と連携し防犯ネジを取り付け

    動車関連盗難が後を絶たない中、愛整振の支部が地元警察と連携して…

  3. 整備関係

    自賠責保険料、事故件数の減少で4月から11・4%引き下げ

    自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が4月から引き下げられる。改定…

  4. 整備関係

    LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化

    西尾自動車整備協業組合(杉浦隆代表理事、T・S日進商会社長)は…

  5. 整備関係

    ビッグモーターの行政処分など公示

    国土交通省は10月13日、中古車販売大手ビッグモーターの不正整備の疑い…

  6. 整備関係

    愛知ダイハツが高齢者の見守りで、扶桑町と協定結ぶ

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP