中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知・豊川支部が総会で高田支部長を選出

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の豊川支部(大羽政好 支部長)は4月7日、豊川市文化会館で第16回通常総会(写真)を開き、令和5、6年度の事業計画や予算などを承認したほか、役員改選で新支部長に高田博司氏(タカダ自動車)を選出した。同支部は隔年で総会を開き2年間の事業計画などを決めている。

(全文は整備新聞 令和5年4月25日号:2面に掲載)

愛知・港支部が総会で点検促進や安全活動など計画前のページ

静岡政治連盟・国会議員との懇談会など理事会で活動方針審議次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    継続検査OSSの利用、1月実績・愛知で登録車は58%

    来年1月から電子車検証がスタートするのに伴い、指定整備事業者による継続…

  2. 整備関係

    USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の…

  3. 整備関係

    JAF愛知が通勤途中のドライバーに事故防止を啓発

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(今枝実支部長)は「春の交通安…

  4. 整備関係

    2級自動車整備士の検査員資格事項は変更なし

    今回の整備士資格制度見直しに当たっては、当初の「自動車整備技術の高度化…

  5. 整備関係

    静岡整振・創立70周年記念誌「10年のあゆみ」を作成

    静岡県自動車整備振興会は「創立70周年記念誌・10年のあゆみ」…

  6. 整備関係

    岐阜整振・児童画コンクールの審査会で727点から入選24作品選ぶ

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は9月29日、整備振興会…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP