中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

経過措置期間が残り僅か電子制御認証の取得促進を要請

自動車整備業界で電子制御装置整備の認証取得が急がれるが、とくに認証工場の取得ペースが依然として鈍い。このため、中部運輸局は「経過措置期間の満了まで残り2カ月を切っている」として、管内の運輸支局や各県整備振興会に会員の電子制御認証の取得促進を要請している。また、指定工場では点検・整備・検査の全てを実施できる体制が必要となるため、早めの取得を促している。

(全文は整備新聞 令和6年2月10日号:1面に掲載)

静岡整振・臨時理事会で事業計画など審議前のページ

日整連・理事会で令和6年度事業など承認次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整振・こども110番の店活動ツールを贈呈

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は3月23日、静岡整振総…

  2. 整備関係

    2月9日に三重整振が人材確保・育成セミナーを開催

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は人材確保事業の一環として2月…

  3. 整備関係

    岐南西支部が総会で産廃の共同収集や安全フェアなど事業計画

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・岐阜南ブロックの岐南西…

  4. 整備関係

    JU愛知・秋のジャンボAAで初出品特別企画など

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・加藤勇東 理事長)は1…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証・経過措置が残り5カ月

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、会員の10月末…

  6. 整備関係

    機工協・OBD検査用の機器公表、バンザイのスキャンツール

    日本自動車機械工具協会は、令和6年10月から開始されるOBD検査に使用…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP