中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の指定1Bが警察から講師を招き新春講演

愛知県自動車整備振興会(坪内恊致会長)の指定第1ブロック(中・昭和・千種名東地区=早川裕司ブロック長)は2月6日、名古屋市中区のローズコートホテルで新春講演会を開き、会員ら18人が参加した。今回は元愛知県警察本部刑事部の福嶋啓士郎氏を講師に「自動車整備業に関するトラブル事例と解決方法などについて」をテーマに講演を聞いた。

(全文は整備新聞 令和2年2月25日号:2面に掲載)

整備関係総整備売上高3年連続プラス(1・7%)に前のページ

保安基準告示改正、来年11月から新型の乗用車に自動ブレーキ義務化次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    ユーザー車検対策「STOP違法整備!!」

    国土交通省は今年度も、車検時に未認証事業者が整備作業を行った可能性のあ…

  2. 整備関係

    運輸局の窓口など、キャッシュレス化やデジタル化で検査登録手続きを便利に

    国土交通省は、自動車検査登録手続きの「キャッシュレス化」と「デジタル化…

  3. 整備関係

    自動車整備技能登録試験・1級実技試験の合格率は35%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、8月22日に実施した令和2年度…

  4. 整備関係

    日整連の事業計画、特定整備対応や人材確保など

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(日整連・整商連、…

  5. 整備関係

    三重運輸支局・自販協が優良事業者などの表彰行う

    三重運輸支局・三重県自動車販売協会・同自動車販売店交通安全対策…

  6. 整備関係

    中部の特定整備認証、資格講習修了者が40%に

    今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得ペ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP