中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振がイベントで子供たちに整備士を体験

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月23日、岐阜市のOKBぎふ清流アリーナで開催された仕事体験イベント「キッズタウンぎふ」(主催=岐阜新聞)に今年も参画し、参加した子供たちに整備士体験を通じて仕事の楽しさをアピールした。(写真)このイベントは子供たちが自主的に行動して仕事や買い物を体験することで、自立心を育むことを目的に開催している。対象は年長(5~6歳)から小学6年生まで。今年は父兄を含め407人が参加、26社のブースの中から職業を選択して楽しく体験した。今回は新型コロナウイルス感染防止のため、定員数や体験ブースの件数などを制限し、子供たちが安全に体験できるように対策を取りながら開催した。

(全文は整備新聞 令和2年9月10日号:2面に掲載)

岐阜検査員会が書面総会を行い大宮新会長を選出前のページ

新明工業がティフ認証を取得、より高度な車体修理技術に対応次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善

    コロナ禍で整備業界の景況感も昨年前半は大幅に悪化していたが、後半には徐…

  2. 整備関係

    令和2年4~10月の新規認証は大半が従来の分解整備のみ

    今年4月から特定整備制度がスタートし、新規認証の動きが注目されたが、予…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツが「地域見守り活動」で東海市と協定

    「地域の安全を守ろう」と愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は12月1…

  4. 整備関係

    整備関係

    愛知で車体・電装整備士対象に整備主任者資格取得講習行う

    4月から特定整備制度が始まるのに対応し、愛知運輸支局と愛整振は3月25…

  5. 整備関係

    車検場内での事故が1000万円を超える高額な弁償費にも

    登録車や軽自動車の検査場内における受検者の事故が多く発生している。検査…

  6. 整備関係

    整備関係

    新型コロナの感染予防で「窓口の混雑避けて」と協力訴え

    新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて「緊急事態宣言」が出されている中…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP