中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

新型コロナの感染予防で「窓口の混雑避けて」と協力訴え

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて「緊急事態宣言」が出されている中で、愛知運輸支局ではウイルスの感染予防・まん延防止対策として、利用者に窓口業務などの混雑緩和について協力を求めている。県内の登録事務所では、窓口カウンターにウイルス飛沫防止用のビニールカーテンを設置しているほか、事務所内の消毒作業、出入り口に手先の消毒剤を設置しているが、各事務所では緊急事態宣言解除の日まで在宅勤務などによる出勤回避の措置を講じており、窓口での対応が不十分となることが予想される。

(全文は整備新聞 令和2年5月10日号:1面に掲載)

整備関係愛知運輸支局・小林博之支局長就任インタビュー前のページ

愛知で特定整備認証の看板お目見え次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    軽自動車検査協会が令和2年度の事業計画を決める

    軽自動車検査協会はこのほど令和2年度の事業計画を決めた。主要施策として…

  2. 整備関係

    点検整備推進運動・ポスターなどでOBD検査の広報も

    国土交通省と自動車関係団体は、今年も9~10月を強化月間に「自動車点検…

  3. 整備関係

    電子制御整備認証取得は中部で全国の3割強

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証資格取得が急務となっているが、…

  4. 整備関係

    レベル4自動運転の社会実装に向けプロジェクトの工程表など作製

    国土交通省と経済産業省が設置した自動走行ビジネス検討会はこのほど、レベ…

  5. 整備関係

    新しいNGKスパークガールに井上みづなさんを起用

    日本特殊陶業(本社・名古屋市、川合尊社長)は、2021年度の「…

  6. 整備関係

    愛知運輸支局が環境や分解整備228事業場を表彰

    中部運輸局愛知運輸支局は7月9日、名古屋市公会堂で令和3年度の…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP