中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知運輸支局・小林博之支局長就任インタビュー

4月1日付で、中部運輸局愛知運輸支局長に前三重運輸支局長の小林博之氏が就任した。愛知は保有台数が全国一位と大きな自動車市場となっており、運輸事業の果たす役割は大きい。また、特定整備制度がスタートしたところでもあり、行政の指導に期待も高まる。最前線で指揮を執る小林新支局長に、愛知の自動車市場の現状と課題、また当面の行政課題などについてお聞きした。

――はじめに、支局長ご就任の抱負からお聞かせ下さい。

小林支局長 愛知県は自動車保有台数が530万台を超え全国1位、新車登録台数についても全国一位となっております。一方、交通事故死亡者数も毎年多く発生しており「安全・安心なクルマ社会」の構築が課題となっております。そのため、安全を支える基盤の強化はもとより、新技術を搭載した先進安全自動車の普及、自動車の定期的な点検整備の実施などについて、環境整備を含めしっかりと発信していきたいと考えております。

(全文は整備新聞 令和2年5月10日号:1面に掲載)

整備関係愛整振青年部会・総会で事業計画を書面決議前のページ

新型コロナの感染予防で「窓口の混雑避けて」と協力訴え次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御整備認証、中部の指定工場では82・7%に

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)の集計によると、5県整備振興会会…

  2. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

  3. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局が事故防止セミナーで情報共有

    「安全・健康意識のさらなる高揚」~自動車最新技術を活用した安全対策~を…

  4. 整備関係

    愛知人材連絡会、新明工業が小牧工業高に教材贈呈

    若い整備士確保などの課題に取り組む愛知自動車整備人材確保・育成…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証取得は中部で全国の3割強

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証資格取得が急務となっているが、…

  6. 整備関係

    JAF愛知支部がトヨタ大学校の女学生にチャイルドシート講座

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は3月9日、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP