中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

日整連・競技大会を1年延期


日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)は9月9日の理事会で、令和3年秋に開催を予定していた「第23回全日本自動車整備技能競技大会」の開催を1年延期して令和4年秋に開催することを決めた。(写真:前回の全国大会の様子)この大会は、車社会の安全を第一線で支える整備士の一層の技能向上と、車社会における業界の「安全・安心」を支える姿勢を広く社会にアピールすることを目的に昭和52年から隔年で開催しており、次回は令和3年秋の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、東京オリンピック・パラリンピックの開催が延期となったため、大会の開催会場となる「東京ビッグサイト」の会場確保が困難となったことにより1年延期することとした。これにより、来年度の県大会などを予定していた各県整備振興会も計画の再検討を迫られることとなった。中部では例年、愛知、静岡、岐阜が県大会を行い、優勝チームが全国大会に出場している。三重と福井は推薦で代表チームを決めている。

(全文は整備新聞 令和2年10月10日号:1面に掲載)

日整連・整商連が書面で総会、竹林会長らを再選前のページ

愛整振・川村保憲会長の就任インタビュー次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス岐阜支部が書面総会で事業計画を承認

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(奥田道博支…

  2. 整備関係

    中部運輸局で整備業など214事業者を表彰

    中部運輸局は10月29日、局会議室で運輸各事業分野での安全対策…

  3. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部の整備工場・4年ぶりに新規が上回る

    中部地区における整備工場数で、令和元年度は4年ぶりに認証の新規が廃止を…

  5. 整備関係

    岐阜検査員会が書面総会を行い大宮新会長を選出

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会はこのほど…

  6. 整備関係

    整備関係

    2020年度のNGKスパークガールに亀澤杏奈さん

    日本特殊陶業(本社・名古屋市、川合尊社長)は、2020年度の「NGKス…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP