中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

駐車ブレーキなどOBDを活用した点検方法を導入

国土交通省は、自動車技術の進化が目覚ましく、自動運転技術や電動車の普及が進むと同時に、車載式故障診断装置(OBD)が搭載される車両が増加していることなどを踏まえ、OBDを活用した点検方法の導入など、自動車の定期点検の項目と方法について改正した。七月から実施する。「自動車点検基準」の一部改正では、定期点検項目のうち「点火時期」及び「ディストリビュータのキャップの状態」について、点検を行わなくてもよいこととした。ただし、ディストリビュータを有する自動車及び二輪自動車については、今後も点検が必要とした。「自動車の点検及び整備に関する手引」の一部改正では、①駐車ブレーキ機構②トランスミッション③トランスファ④燃料蒸発ガス排出抑制装置⑤タイヤ―の五つの定期点検項目について、目視などにより直接確認する従来の点検方法だけでなく、OBDを活用した点検方法なども認めることとした。

(全文は整備新聞 令和5年4月25日号:4面に掲載)

JAF愛知支部・シニアドライバーに安全運転の講習前のページ

国交省・全国初の自動運転「レベル4」の認可次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・西春日井支部が各事業へ積極的な参加を呼びかけ

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の西春日井支部(太田吉…

  2. 整備関係

    イヤサカ・OBD検査の内覧会でセミナー開催

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義 社長)の名古屋支店(高津勇…

  3. 整備関係

    NSCクラブ中部が販売市場やリース展開で勉強会

    自動車リースを展開する日本カーソリューションズ(NSC)の代理…

  4. 整備関係

    整備白書・業界環境の変化を説明

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和3年度特定整…

  5. 整備関係

    岡田英雄・静岡運輸支局長の就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局静岡運輸支局長に前総務部総務課長の岡田…

  6. 整備関係

    自動車整備技能登録試験・1級実技試験の合格率は35%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、8月22日に実施した令和2年度…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP