中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省・全国初の自動運転「レベル4」の認可

国土交通省は、福井県永平寺町で移動サービスとして運行する車両について、全国で初めて、道路運送車両法に基づき運転者を必要としない自動運転(レベル4)として認可した。今後、町は県公安委員会に運行計画を申請し、運転者を配置せず自動運転サービスを目指す。

(全文は整備新聞 令和5年4月25日号:4面に掲載)

駐車ブレーキなどOBDを活用した点検方法を導入前のページ

JU岐阜・岐阜支部が岐阜市にチャリティーの浄財など寄付次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・整商連が総会で課題への対応、使命を強調

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(竹林武一 会長)…

  2. 整備関係

    OBD検査・確認に向け三重で初の意見交換会

    自動車技術が高度化する中で、中部運輸局自動車技術安全部は令和6…

  3. 整備関係

    岐阜整振・高山東・西支部が今年も無事故・無違反コンテストに参画

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・飛騨ブロックの高山東支…

  4. 整備関係

    愛知運輸支局・古橋靖弘支局長:先進技術の対応さらに

    あけましておめでとうございます。令和6年の新春を迎え、謹んで年頭のご挨…

  5. 整備関係

    整備関係

    今年度もバンパーやベルトなど産廃の集合回収を開始

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊…

  6. 整備関係

    岐阜整振・総会で田口会長の再選など

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月11日、岐阜市日置…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP