中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知で電子車検証・記録事務代行、91件をまとめて申請

来年1月から車検証の電子化がスタートするのに対応して、支部主催で「記録等事務委託制度」の説明会を順次開いている愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、指定整備事業者が車検証の有効期間などを書き換える「記録等事務代行者」の申請を、8月末に91件まとめて愛知運輸支局と軽自動車検査協会(東京)に行った。同振興会は続いて九月末にも、ディーラーを含む多くの申請書を提出する予定。全国的には、来年からの事業者個々の電子申請が主流になると見られる中で、先行する愛知の取り組みが注目されている。

(全文は整備新聞 令和4年9月25日号:1面に掲載)

10月14、15日、3年ぶりに「なんでも無料相談所」を開設前のページ

NGP組合・リユース部品でCO2削減を自動車関連に呼び掛け次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス岐阜・Zoomで春のキャンペーン決起大会

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(可兒英樹支…

  2. 整備関係

    CAA岐阜が初荷で出品企画を多彩に展開し力強く開催

    シーエーエー(CAA・永谷敏行社長)の岐阜会場は1月12日、羽…

  3. 整備関係

    秋の大臣表彰:中部の整備業界から10氏が受賞

    国土交通省は10月29日、令和2年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰…

  4. 整備関係

    静岡整備商工・総代会、役員改選で萩原真治常務理事を選出

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は6月21日、静岡…

  5. 整備関係

    コロナ禍でカー用品の売上げも年間2.7%減

    一昨年10月の消費税増税以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで、…

  6. 整備関係

    特定整備対応、中部5県で新認証取得が230件

    特定整備制度に基づく新しい電子制御装置整備認証の取得に必要な整備主任者…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP