中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

保安基準告示改正、来年11月から新型の乗用車に自動ブレーキ義務化

国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正し、新型乗用車などに衝突被害軽減ブレーキの搭載を義務付けることを決めた。この自動ブレーキの性能は国際基準を導入する。1月31日付で公布・施行。適用は国産の新型車は令和3年11月、継続生産車は7年12月、輸入車の新型車は6年7月、継続生産車は8年7月から。

国交省の発表によると、「未就学児等及び高齢運転者の交通安全緊急対策」(令和元年6月)を受け、同年12月に発表した高齢運転者などによる交通事故の削減に向けた車両安全対策などの措置方針に基づき、乗用車などの衝突被害軽減ブレーキに関する国際基準を導入し、世界に先駆けて新車を対象とした義務付けを行う。

(全文は整備新聞 令和2年2月25日号:4面に掲載)

整備関係愛知の指定1Bが警察から講師を招き新春講演前のページ

愛知の半田支部がエーミング作業テーマに研修会次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    自動車整備の外国人技能実習制度、コロナ禍で受験者数半減

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  2. 整備関係

    中部5県でOBD検査のプレテストを実施、約250事業者が参加

    自動車技術が高度化する中で、自動車技術総合機構は2024年10…

  3. 整備関係

    福井整振・商工組合が理事会で事業計画や予算案など審議

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)と同商工組合(同理事長)は…

  4. 整備関係

    岐阜車協・青年部が総会で事業計画、森新部会長選出

    岐阜県自動車車体整備協同組合・青年部会(松本悟部会長)は4月18日、岐…

  5. 整備関係

    日整連・整商連が書面で総会、竹林会長らを再選

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(竹林武一会長)は9月25…

  6. 整備関係

    愛知の半田支部がエーミング作業テーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(坪内恊致会長)の半田支部(芳賀康宜支部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP