中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証、経過措置残り1年切る中で、中部の取得率62%

令和5年度に入り、電子制御装置整備認証の取得ペースが加速するかどうか注目される。既存事業者に対する経過措置が残り1年を切ったが、4月末現在の取得率は62・1%で、1ヵ月間に1ポイントの上昇にとどまっている。中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、4月末現在の電子制御装置整備認証取得工場数は、5県合計で7887工場となり、振興会会員数(1万2709工場)に対する取得率は62・1%となった。

(全文は整備新聞 令和5年5月25日号:2面に掲載)

愛整振・春日井支部が国道19号線で交通事故防止の大作戦前のページ

「彦根」など新たに6地域からご当地ナンバーの申し込み次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    軽検査三河支所で7月10日から第1と第2コースの検査機器更新工事

    軽自動車検査協会愛知主管事務所三河支所は、7月10日から来年1月17日…

  2. 整備関係

    岐阜検査員会・飛騨Bがボウリング大会開き交流一層深める

    岐阜県自動車検査員会の飛騨ブロック(大宮昌夫 会長)は8月27…

  3. 整備関係

    国交省・業界と連携し点検整備促進運動

    国土交通省と自動車関係団体は、今年も9~10月を強化月間として「自動車…

  4. 整備関係

    コロナで点検キャンペーンのイベント大半が中止に

    今年度の全国一斉マイカー点検キャンペーンは、コロナ禍により「点…

  5. 整備関係

    岐阜整振・理事会で専門委員会などの正副委員長を委嘱

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月23日、岐阜県自動…

  6. 整備関係

    静岡運輸支局、安全・環境対応などで表彰

    静岡運輸支局(岡田英雄支局長)は10月7日、静岡市駿河区の静岡…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP