中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

「彦根」など新たに6地域からご当地ナンバーの申し込み

国土交通省は、地域に根差した地域名を表示した「ご当地ナンバー」について、導入地域を新たに昨年度募集したところ、全国の六地域から申し込みのあったことを発表した。
新たな地域名表示を申し込んだのは、「十勝」「日光」「江戸川」「安曇野」「南信州」「彦根」。

(整備新聞 令和5年5月25日号:2面に掲載)

電子制御整備認証、経過措置残り1年切る中で、中部の取得率62%前のページ

鈴鹿整備組合・総会で青年部を組織統合、平田新理事長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・千種名東支部が経営・技術向上などを計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)千種・名東支部(加藤山士支部長)…

  2. 整備関係

    日整連が児童を対象にしたクルマのシールブックを作成

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)はこのほど、…

  3. 整備関係

    静岡商工が3会場で「商工祭」を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)はこのほど、令和2…

  4. 整備関係

    中部運輸局・髙瀬竜児自動車技術安全部長の就任インタビュー

    国土交通省の7月1日付人事異動で、中部運輸局自動車技術安全部長…

  5. 整備関係

    愛知支局が窓口の混雑緩和にスマホで受付確認

    愛知運輸支局(名古屋市中川区)はこのほど、名古屋ナンバー限定で…

  6. 整備関係

    岐阜整振がイベントで子供たちに整備士を体験

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月23日、岐阜市のO…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP