中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車機構、不当要求行為が63件発生

自動車技術総合機構はこのほど、令和元年度中に全国の事務所(車検場)で発生した同機構職員に対する暴力行為、脅迫・威圧行為、強要行為などの不当要求行為をまとめた。 それによると、全国93ヵ所の事務所から報告があった不当要求行為の総件数は63件で、前年度に比べ16件(20・3%)減少した。

(全文は整備新聞 令和2年8月10日号:2面に掲載)

岐阜整振、昨年下期のキャンペーン抽選を行う前のページ

愛知の豊川支部、ドライブスルー方式で防犯ネジの取り付け次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス岐阜支部が書面総会で事業計画を承認

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(奥田道博支…

  2. 整備関係

    整備関係

    愛知の継続車検「登録車は前年比0・4%減」

    車検市場が安定して推移している。愛知県における令和元年度の継続検査台数…

  3. 整備関係

    三重整振が理事会で来年度の事業計画など審議

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は3月3日、津市の振興会…

  4. 整備関係

    トラスティーレンタがカタログなどでレンタカーの代車メリットをPR

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

  5. 整備関係

    愛知電装組合、特定整備対応で組合員増加

    特定整備制度への対応に関連して、愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一…

  6. 整備関係

    保守管理意識を高め適切に~中部運輸局林健一技術安全部長

    【点検整備実施率の状況と課題】自動車ユーザーには、自動車の不具合による…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP