中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の豊川支部、ドライブスルー方式で防犯ネジの取り付け

自動車関連盗難が増加している中で、愛知県自動車整備振興会・豊川支部(大羽政好支部長)は7月30日、イオン豊川店の立体駐車場でナンバープレート盗難防止ネジ取り付けキャンペーン(写真)を実施した。会場では豊川警察署の齊木敏博署長が「5、6月は地域でナンバープレートの盗難が増加しており、市民も不安を感じている。ネジの取り付けを通じて防犯意識を高めたい」と支部会員らに協力を求めた。その後、4台同時に取り付けを行うドライブスルー方式で実施した。

(全文は整備新聞 令和2年8月10日号:2面に掲載)

自動車機構、不当要求行為が63件発生前のページ

JU愛知、出品点数増える開場22周年AA次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・竹林武一会長に2期目の意欲を聞く

    自動車業界は技術の高度化が急進展し、百年に一度の大変革期と言わ…

  2. 整備関係

    福井整振・総会で課題に対応し事業計画を推進

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は5月25日、福井県自治会…

  3. 整備関係

    整備関係

    自動車盗難 1件当たり被害額が増加

    自動車の盗難防止対策に取り組んでいる日本損害保険協会(損保協)は、今年…

  4. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  5. 整備関係

    保安基準告示改正~自動運転に対応した検査を導入へ

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を改正し、令和6年…

  6. 整備関係

    電子制御整備認証の取得率は全国約10%で中部は20%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得が、全国的にも徐々に進ん…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP