中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重・未来を考える会が鈴鹿のリサイクル工場を見学

業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)の「整備業界の未来を考える会」(伊井雅春座長)は9月8日、鈴鹿市にある自動車リサイクルセンター「マーク・コーポレーション」(向井弘光社長)の工場見学(写真)を行い、地区組合から推薦された壮年・青年の若手経営者(委員)や振興会専務・常務理事など19人が参加した。見学した後、第31回の会合を開き、今後の事業などについて討議した。

(全文は整備新聞 令和4年10月10日号:1面に掲載)

静岡整振など10月23日・沼津でフェスタを開催、整備士の魅力アピール前のページ

愛知人材確保・今年度の活動状況など報告次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    車検場での衝突や出火事故など受検者の事故が多発

    自動車検査場内における受検者の事故が後を絶たない。検査機器を壊すだけで…

  2. 整備関係

    愛整振・渥美支部が市民祭に参画して点検のポイントを説明

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の渥美支部(石橋孝一 …

  3. 整備関係

    車検ステッカーの貼付位置を7月から運転席上部に

    国土交通省は、検査標章の貼付位置を見直す「自動車検査業務等実施要領(依…

  4. 整備関係

    三重商組が総代会で共同経済事業の一層の拡大を

    三重県自動車整備商工組合(竹林武一理事長)は6月8日、津駅前の…

  5. 整備関係

    愛整振・西支部が総会で電子車検証などの研修会を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西支部(堀田誠支部長)…

  6. 整備関係

    岐阜人材・育成連絡会が高校訪問やセミナー開催など事業計画

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜自…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP