中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重・未来を考える会が鈴鹿のリサイクル工場を見学

業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)の「整備業界の未来を考える会」(伊井雅春座長)は9月8日、鈴鹿市にある自動車リサイクルセンター「マーク・コーポレーション」(向井弘光社長)の工場見学(写真)を行い、地区組合から推薦された壮年・青年の若手経営者(委員)や振興会専務・常務理事など19人が参加した。見学した後、第31回の会合を開き、今後の事業などについて討議した。

(全文は整備新聞 令和4年10月10日号:1面に掲載)

静岡整振など10月23日・沼津でフェスタを開催、整備士の魅力アピール前のページ

愛知人材確保・今年度の活動状況など報告次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    特定整備・次代へアプローチ「明豊自動車(豊田市)」インタビュー

    指定工場の明豊自動車(豊田市)は1月、「電子制御装置整備」の認…

  2. 整備関係

    CAA・斉藤啓太社長の就任インタビュー

    先の定時株主総会で大手企業系オークションのシー・エー・エー(C…

  3. 整備関係

    行政処分で同一性確認の徹底などを強調

    中部運輸局は整備事業者に対する昨年度の行政処分を踏まえ、今年度はとくに…

  4. 整備関係

    愛知自販協、総会で令和4年度の事業計画きめる

    愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は第62回、自販連愛知県支部(同…

  5. 整備関係

    愛知部品組合が総会で新理事長に田中康裕氏を選出

    愛知県自動車部品商組合(五島秀明理事長)は6月10日、名古屋市…

  6. 整備関係

    中部の人材確保、中学生への働きかけ活動など

    整備士の人材確保問題に取り組む中部運輸局は4月19日、局会議室で令和3…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP