中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡整振など10月23日・沼津でフェスタを開催、整備士の魅力アピール

子供たちに整備士の仕事の魅力を発信する静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)、静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)、静岡県自動車整備指定工場部会(今野秀明会長)の3者は10月23日、沼津市のキラメッセぬまず多目的ホールで「くるまと人の体験フェスタinキラメッセ」を初めて開催する。主催は県内東部地区の静岡整振東部地区委員会、静岡商工東部総支部、静岡指定工場部会、後援は静岡運輸支局、共催は富士メカニック専門学校、飛龍高校自動車工学科。開催は午前10時から午後3時半、入場無料となっている。また、静岡商工の「商工祭」(自動車工具フェスタ)も同時に開催する。

(全文は整備新聞 令和4年10月10日号:1面に掲載)

軽自動車の新車OSS申請、令和5年1月4日から実施前のページ

三重・未来を考える会が鈴鹿のリサイクル工場を見学次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部の整備工場数が4月は再び廃止が大幅増加

    中部地区の整備工場数は年度替わりのところで、一転して認証の廃止が新規を…

  2. 整備関係

    特定整備を取得!丸幸自動車インタビュー

    指定工場の丸幸自動車(愛西市)=写真=は1月、「電子制御装置整…

  3. 整備関係

    三重・未来考える会が行政機関と意見交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  4. 整備関係

    岐阜人材連絡会、来年度も多彩に整備士をPR

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜自…

  5. 整備関係

    コロナの緊急事態宣言で軽自動車の添付書類有効期限を延長

    軽自動車検査協会は7月13日から、新型コロナウイルス感染症対策として、…

  6. 整備関係

    イヤサカ名古屋がトレーニングセンターで初の職場体験を実施

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義 社長)の名古屋支店(高津勇…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP