中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備業の仕事体験、6月から参加高校生を募集

国土交通省は今年夏、高校生などを対象に初の「自動車整備業における仕事体験事業」を展開する準備を進めているが、この事業を受け入れる整備事業所は募集を締め切った段階で、全国で1000事業所を超えた。ただ、その後に辞退を申し出る事業者もあり、最終的な数字は流動的だ。中部の受け入れ事業所数は、5月末現在で愛知が47事業所、静岡が46事業所、岐阜が17事業所、三重が30事業所、福井が5事業所の合計145事業所で、当初予想を上回っている。

(全文は整備新聞 令和5年6月10日号:1面に掲載)

福井整振・総会で整備技術向上や点検促進など前のページ

不正防止対策で「同一性違反」重点に指導強化次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    JU岐阜組合が今年も岐阜市にチャリティー浄財

    岐阜県中古自動車販売協会・同商工組合(JU岐阜・横山隆仁会長・…

  2. 整備関係

    三重整振・総会でOSSの利用拡大、竹林会長を再選

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は6月9日、津駅前のホ…

  3. 整備関係

    岐阜整振・県内2校の高校生対象に整備の楽しさを説明

    自動車整備のおもしろさを知ってもらうと、岐阜県自動車整備振興会…

  4. 整備関係

    愛知・港支部が総会で点検促進や安全活動など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の港支部(鈴木護 支部…

  5. 整備関係

    愛整振・江南支部が企業イベントに参画し子供対象に整備士体験

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の江南支部(丹羽力也 …

  6. 整備関係

    今年4月から自賠責が平均6・7%引き下げ

    自動車やバイクの全ての所有者に加入が義務付けられている自動車損害賠償責…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP