中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自賠責保険料、事故件数の減少で4月から11・4%引き下げ

自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が4月から引き下げられる。改定率は車種や保険期間などによって異なるが、全車種・全地域平均で11・4%下がる。引き下げは令和3年4月以来2年ぶり。先進運転支援システム搭載車の普及などにより交通事故が減少していることが理由。

(全文は整備新聞 令和5年2月25日号:4面に掲載)

セミナーで整備士・人材確保の情報共有前のページ

中部の電子制御整備認証の取得率は平均50%に近づく次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整振が理事会で整備技術向上や人材確保など事業計画を審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は3月24日、静岡整振本…

  2. 整備関係

    岐阜整振・今年も入庫促進キャンペーンを展開

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は7月1日から、点検整備入庫促…

  3. 整備関係

    指定事業者研修でIC車検証など課題対応など説明

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は令和4年度指定自動車整…

  4. 整備関係

    愛知・犬山支部が総会で研修会や30周年記念事業を計画、内田新支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の犬山支部(近藤泰樹 支部長)…

  5. 整備関係

    故坪内恊致氏の「お別れの会」11月10日に名古屋で開催

    愛知ダイハツ・ADWホールディングス(坪内孝暁社長)と愛知県自動車整備…

  6. 整備関係

    岐阜検査員会が電子車検証事務代行対応などを検討

    岐阜県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(大宮…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP