中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

不正防止対策で「同一性違反」重点に指導強化

中部運輸局は行政処分につながる不正やミスなどを防止するため、今年度は「同一性違反」を重点テーマに自動車検査員の研修会などで指導を強化していく。同一性違反は検査員の認識不足が要因となっていることが多く、同局では「必要書類に基づいて現車を確認する基本」を改めて強調していく。

(全文は整備新聞 令和5年6月10日号:1面に掲載)

整備業の仕事体験、6月から参加高校生を募集前のページ

愛知・新城支部が総会で街頭検査など計画、今泉新支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知ダイハツ・安城店で「健康安全運転講座」を開催

    地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツ(坪内孝暁 社長…

  2. 整備関係

    愛整振・春日井支部、日常点検の手順や必要性を説明

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の春日井支部(栗林實 …

  3. 整備関係

    愛知自販協・多様な価値観や個性へダイバーシティ研修

    愛知県自動車販売店協会・自販連愛知県支部(小林剛 会長・支部長…

  4. 整備関係

    岐阜整振・総会で新認証取得の状況なども報告

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月8日、岐阜市の同振…

  5. 整備関係

    愛整振・津島支部が理事会で新年度事業など審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の津島支部(横井隆幸支部…

  6. 整備関係

    福井整振・総会で課題に対応し事業計画を推進

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は5月25日、福井県自治会…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP