中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知県警が高齢者のサポカー体験会

愛知県警察本部は3月21日、名古屋市天白区の愛知県運転免許試験場で「企業等と連携した安全運転サポート車(サポカー)乗車体験会」(写真=会場ではサポカーの安全機能などを体験)を開催。県内の高齢者や警察関係者など54人が体験した。サポカー体験は愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)の会員企業6社(名古屋トヨペット、トヨタカローラ名古屋、名古屋スバル自動車、日産プリンス名古屋販売、西日本三菱自動車販売、愛知ダイハツ)が協力して実施。

(全文は整備新聞 令和4年4月10日号:3面に掲載)

JU岐阜組合の岐阜支部が市に防犯ブザー3,500個を寄贈前のページ

交通死亡事故多発する中で「春の交通安全運動」次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重運輸支局・自販協が優良事業者などの表彰行う

    三重運輸支局・三重県自動車販売協会・同自動車販売店交通安全対策…

  2. 整備関係

    愛知の継続車検台数、今年度下期か増加ペースに

    継続車検市場は、愛知県でも今年度後半から前年比でプラスに転じている。愛…

  3. 整備関係

    整備関係

    三重整振が理事会で技術研修や点検整備の促進など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は3月6日、津市の振興会館で第…

  4. 整備関係

    愛知ダイハツが安城でも高齢者見守り活動

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  5. 整備関係

    整備技術を一層強化:川村保憲・愛整振会長

    令和3年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。昨年は、我が国においても…

  6. 整備関係

    静岡整備政治連盟・総会と国会議員との懇談会を開催

    整備業界にあって活発な政治活動を行っている静岡県自動車整備政治…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP