中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

福井県永平寺町・自動運転で全国初レベル4の運転を開始

福井県永平寺町で5月21日から、全国で初めて運転者を配置しないレベル4での自動運転移動サービスが開始された。発表によると、国土交通省・経済産業省は、福井県永平寺町において遠隔型自動運転システムを用いた自動運転車の技術・サービスの実証実験を進めてきた。

(全文は整備新聞 令和5年6月10日号:2面に掲載)

令和5年3月の自動車整備技能登録試験・合格率平均82・9%前のページ

ロータス岐阜がサマーキャンペーンの目標必達を期す次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    10月14、15日、3年ぶりに「なんでも無料相談所」を開設

    「クルマに関することは、なんでも相談に応じます」と、愛知県自動…

  2. 整備関係

    JAF愛知支部が通勤ドライバーに事故防止を訴え

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(今枝実 支部長)は「夏の交通…

  3. 整備関係

    故坪内恊致氏の「お別れの会」11月10日に名古屋で開催

    愛知ダイハツ・ADWホールディングス(坪内孝暁社長)と愛知県自動車整備…

  4. 整備関係

    省エネカー競技にJU岐阜が協賛、岐阜整振はレースに参戦

    中日本自動車短期大学(山田弘幸 理事長)は10月22日、瑞浪市…

  5. 整備関係

    夏の交通安全運動で「横断中の事故注意」自転車の安全利用を訴え

    愛知県自動車会議所をはじめとする自動車関係団体も参画する愛知県…

  6. 整備関係

    JAF愛知支部がハローワークで運転技術診断を実施

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部は4月21日、ハローワーク一宮…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP