中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・尾張旭支部が総会で事業を積極推進、若杉新支部長を選出

愛整振尾張旭支部(加藤浩支部長)はこのほど、書面による令和3年度定期総会を行い、新年度の事業計画などを決めたほか、役員改選で新支部長に若杉雅樹氏(カーギャラリー旭)を選出した。新年度の事業は、会員相互の連携を密にしながら、各種事業に取り組む。

(全文は整備新聞 令和3年9月10日号:4面に掲載)

愛整振・蒲郡支部が総会で事業計画決め、夏目新支部長を選出前のページ

愛整振・春日井支部が研修会など計画、川上新支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    日整連「令和2年度のスローガン」決まる

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、マイカー点検キャ…

  2. 整備関係

    電子制御整備認証・中部の取得率が平均47・9%に

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均…

  3. 整備関係

    整備関係

    愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

    ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユ…

  4. 整備関係

    中部の整備振興会、総会を規模縮小、異例の形で開催

    中部各県自動車整備振興会は今年度も5~6月、一斉に定時総会を開き、令和…

  5. 整備関係

    愛知自動車会議所、書面総会を行い事業・決算報告など承認

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)はこのほど、新型コロナウイル…

  6. 整備関係

    1月の登録実技試験平均合格率は55パーセント

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、1月17日に実施…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP