中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・小牧支部、スキャンツールを活用して点検教室を開催

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の小牧支部(伊藤敬一支部長)は秋の交通安全運動中の行事として、小牧市、小牧警察と協力して9月29日、小牧勤労センターでマイカー点検教室を開いた。市の広報誌を見た地域のドライバーら45人が参加、座学と実習で日常点検の方法を学んだ。また、今回初めてスキャンツールを活用した点検(写真=ユーザーの車でスキャンツールを活用した点検について説明)も実施した。

(全文は整備新聞 令和4年10月25日号:2面に掲載)

愛整振・岡崎支部、今年3度目のマイカー無料点検を実施前のページ

中部と近畿振興会が中日本ブロック会議で情報交換次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部の特定整備認証、資格講習修了者が40%に

    今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得ペ…

  2. 整備関係

    国交省が電子車検証の説明サイトを開設

    国土交通省は、令和5年1月から車検時などに電子車検証が交付されることに…

  3. 整備関係

    全日本整備技能大会で日本一目指しがんばれ中部勢

    「整備士日本一」を目指す日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹…

  4. 整備関係

    愛知の継続車検、昨年9月から前年比減少

    登録車の継続車検市場が昨年9月から再び前年比マイナスに転じている。これ…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証が中部で取得率56%に

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)がまとめた電子制御装置整備に係る…

  6. 整備関係

    岐阜検査員会・大宮昌夫会長の就任インタビュー

    指定工場の検査員らで構成する岐阜県自動車検査員会は、指定整備の適正化や…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP