中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

GTSがダイハツのショールームを開設し新展開へ

指定工場のGARAGE DAISHIN(江南市、GTS・大脇伸二社長)はこのほど、同社敷地内にダイハツのショールーム(写真=木の温もりを感じる新しいスタイルのショールーム)を新にオープンした。店舗はショールームとしては珍しいブラウン系の色の建物で、落ち着いた雰囲気となっている。同社はこれまで、整備工場と鈑金工場の2工場で業務を行っており、新たにショールームをオープンしたことで、車両販売を図ることができる。今後は車販から整備、鈑金まで行うトータルカーショップとして地域のユーザーにアプローチを行う。

(全文は整備新聞 令和3年9月10日号:2面に掲載)

特定整備・次代へアプローチ「芳賀自動車(半田市)」前のページ

愛知ダイハツが独自のキッチンカー制作しイベントなどで活用次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    春の叙勲・褒章で浮田氏が旭日小綬章、太田氏が黄綬褒章

    令和3年度春の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から福井県…

  2. 整備関係

    特定整備を推進、睦自動車がエーミング作業など内製化

    指定工場の睦自動車(本社・豊橋市)は12年3月、本社工場及び牛…

  3. 整備関係

    杉浦タイヤ商会が「タイヤ充填安全セット」の発売を開始

    ブリヂストンタイヤ特約店の杉浦タイヤ商会(静岡県湖西市、杉浦進一社長)…

  4. 整備関係

    愛知東部組合、総代会で共同購買事業など強化

    東三河地区(豊橋・豊川・渥美・蒲郡・新城・北設)の整備事業者4…

  5. 整備関係

    中日本短大、卒業式で留学生含め228人が巣立つ

    神野学園(山田弘幸理事長)の中日本自動車短期大学(加茂郡坂祝町…

  6. 整備関係

    中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る

    中部地区における整備工場数は、令和2年度も前年度に続いて認証の新規が廃…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP