中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

同一性違反など重点に研修会などで指導強化

整備事業者に対する、同一性違反による行政処分事案が増加傾向にあることから、中部運輸局は中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)と監査・指導連絡会議で協議し、自動車整備事業者に対する最近の処分事例を踏まえた実効性のある再発防止策として、今年度の自動車検査員研修などの中で注意点を強く訴えることとしている。

(全文は整備新聞 令和6年6月10日号:1面に掲載)

福井整振・総会で田中会長を再選前のページ

令和5年度のリコール届出総台数、国産車が大幅に増加次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知・中村支部がまつりで点検教室とお絵かきカー

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の中村支部(加藤博久 …

  2. 整備関係

    令和2年4~10月の新規認証は大半が従来の分解整備のみ

    今年4月から特定整備制度がスタートし、新規認証の動きが注目されたが、予…

  3. 整備関係

    愛知・中村支部が会員連携し地域密着の事業を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の中村支部(加藤博久 …

  4. 整備関係

    整備関係

    JAF愛知支部「車内の熱中症」に注意呼びかけ!

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)では、春先から初夏に…

  5. 整備関係

    愛整振・西春日井支部が総会で時代の変化に対応し各種事業を推進

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西春日井支部(天野正道支部長)…

  6. 整備関係

    愛知軽協・坪内孝暁会長:日本の原動力として

    新年あけましておめでとうございます。令和6年の新春を迎え、心からお慶び…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP