中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

日整連・令和6年度の事業計画の主な内容

日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一 会長)の令和六年度事業計画の主な内容は次の通り。新技術への対応では、交通事故防止や少子高齢化社会における交通手段確保等に対応し、自動車ユーザーの安全・安心を確保するため、高度な電子制御装置による先進安全技術・自動運転技術を搭載した車両や、電気自動車等が増えつつある。このため、自動車整備業界としては整備士に対し、従来技術と併せ、高度なシステムの技術習得に向けた教育の実施、進化する整備機器やスキャンツールに関する各種研修会開催、新技術装置を含む時宜を得た整備技術情報の提供などの事業を推進する。

(全文は整備新聞 令和6年2月25日号:4面に掲載)

すれ違い用前照灯審査、中部で合格率90%超える前のページ

電子制御整備認証・1月末の中部の取得率は68・5%次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    自動車機構・下原中部検査部長の就任インタビュー

    4月1日付で、独立行政法人自動車技術総合機構中部検査部長に前自…

  2. 整備関係

    岐阜整振・羽島郡支部が県内青年部会と合同で車検料金の見積もり勉強会

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)・岐阜南ブロック羽島郡…

  3. 整備関係

    変革の波に対応して:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるにあたり、謹…

  4. 整備関係

    岐阜整振、初のエーミング研修会を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月25日、同整振岐阜…

  5. 整備関係

    愛知東部組合・総代会で新理事長に伊藤友二氏を選出

    東三河地区(豊橋・豊川・渥美・蒲郡・新城・北設)の整備事業者4…

  6. 整備関係

    ロータス岐阜がWebで秋の決起大会を開催

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(可兒英樹支…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP