中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

すれ違い用前照灯審査、中部で合格率90%超える

自動車技術総合機構と軽自動車検査協会は全国の検査場で実施している「すれ違い用前照灯(ロービーム)」の審査で12月の合格率が90%を越えていることを公表した。こうした中で、中部管内の検査場における審査では登録車、軽自動車ともに12月の合格率が95%と全国平均を上回っており、今年8月からの審査の完全移行に向けて順調に推移しているようだ。

(全文は整備新聞 令和6年2月10日号:1面に掲載)

岐阜整振・理事会で新役員など審議前のページ

日整連・令和6年度の事業計画の主な内容次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御整備認証、中部の指定工場では82・7%に

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)の集計によると、5県整備振興会会…

  2. 整備関係

    三重整振が理事会で総会上程議案などを審議

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は5月24日、津市の同振…

  3. 整備関係

    整備関係

    愛知の指定1Bが警察から講師を招き新春講演

    愛知県自動車整備振興会(坪内恊致会長)の指定第1ブロック(中・昭和・千…

  4. 整備関係

    愛整振・稲沢支部が福祉祭りに参画し点検をPR

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の稲沢支部(金原且典 …

  5. 整備関係

    愛整振・知多支部、会員47人が参加し情報交換など活発

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の知多支部(清水昭博 …

  6. 整備関係

    JAF自動車税制アンケートでユーザーの98%が負担に感じる

    自動車に課せられる税金を負担に感じているユーザーは98%。その負担軽減…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP