中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備機械工具、令和3年度は売上額がコロナ前に回復

コロナ禍の影響もあって落ち込んでいた自動車整備用機器の販売が、回復に転じている。日本自動車機械工具協会(機工協、柳田昌宏会長)がまとめた令和3年度の自動車機械工具販売実績によると、会員会社の機械工具総売上金額は前年度に比べ9・5%増の1,164億2,820万2,000円となった。前年度はコロナ禍で整備事業者が設備投資を控える動きも見られ、6年ぶりに前年比減となったが、3年度はその反発も現れたと見られる。総売上金額は9年連続で1,000億円を超え、とくに電子制御装置整備対応が急務となる中で、総合診断装置や車検機器などの需要が増加した。

(全文は整備新聞 令和4年9月25日号:3面に掲載)

9月21日から秋の交通安全県民運動を展開前のページ

JU愛知、青年部担当AAでパキスタン洪水の義援金を募集次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部運輸局・運輸関係功労者278名2団体を表彰

    中部運輸局は11月25日、名古屋市東区のウィルあいち(愛知県女…

  2. 整備関係

    機械工具のイヤサカが洗車設備機器の内覧会で実演も

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(高津勇二…

  3. 整備関係

    岐阜整振・揖斐支部が道の駅3カ所で点検チラシを配布

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の西濃ブロック・揖斐支部…

  4. 整備関係

    岐阜整振・総会で新認証取得の状況なども報告

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月8日、岐阜市の同振…

  5. 整備関係

    10月から新規・継続の検査手数料が1台当たり一律400円追加される

    OBD点検、OBD検査の実施に伴い、今年10月1日から自動車の検査の際…

  6. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP