中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備機械工具、令和3年度は売上額がコロナ前に回復

コロナ禍の影響もあって落ち込んでいた自動車整備用機器の販売が、回復に転じている。日本自動車機械工具協会(機工協、柳田昌宏会長)がまとめた令和3年度の自動車機械工具販売実績によると、会員会社の機械工具総売上金額は前年度に比べ9・5%増の1,164億2,820万2,000円となった。前年度はコロナ禍で整備事業者が設備投資を控える動きも見られ、6年ぶりに前年比減となったが、3年度はその反発も現れたと見られる。総売上金額は9年連続で1,000億円を超え、とくに電子制御装置整備対応が急務となる中で、総合診断装置や車検機器などの需要が増加した。

(全文は整備新聞 令和4年9月25日号:3面に掲載)

9月21日から秋の交通安全県民運動を展開前のページ

JU愛知、青年部担当AAでパキスタン洪水の義援金を募集次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知・半田支部が総会で会員交流や地域の安全活動など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の半田支部(芳賀康宜 …

  2. 整備関係

    愛知で電子車検証・記録事務代行、91件をまとめて申請

    来年1月から車検証の電子化がスタートするのに対応して、支部主催で「記録…

  3. 整備関係

    三重県内整備組合の有志21人が課題解決に向け意見交換

    三重県内の自動車整備組合は7月23日、鈴鹿市の炭火居酒屋たんた…

  4. 整備関係

    ナカバヤシ自動車工業の新社長に中林憲亮氏が就任

    指定工場のナカバヤシ自動車工業(刈谷市)はこのほど、中林憲亮氏が新社長…

  5. 整備関係

    なんでも相談で衝突実験車両も展示、安全対策などアピール

    「クルマに関することは何でも相談に応じます」と、愛知県自動車会…

  6. 整備関係

    10月1日から中古車販売価格「支払総額」表示の規約施行

    中古車販売の適正化に向けて、中古車の「支払総額」の表示を定めた改正規約…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP