中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振が懸賞キャンペーン2020前半の抽選を実施

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月22日、岐阜市の同整備振興会館で点検整備入庫促進企画「愛車にオアシス・懸賞キャンペーン2020」の第1回(上期)抽選会(写真)を実施した。今年度は昨年7月から6月末までの1年間にわたり展開しており、上期(7~12月)は1万1517枚(前年対比107・2%)の応募があった。コロナ禍で769枚の増加となった。

(全文は整備新聞 令和3年2月10日号:1面に掲載)

車検場内での事故が1000万円を超える高額な弁償費にも前のページ

日整連が理事会で新技術への対応やOSS促進など事業計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・8月の1級小型実技試験の合格率56%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、8月28日に実施した令和3年度…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツと岡崎市が高齢者見守りなどで連携協定

    地域で高齢者の安全運転などに取り組んでいる愛知ダイハツ(坪内孝…

  3. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

  4. 整備関係

    大型車の車輪脱落事故が上昇傾向、人身事故も発生

    国土交通省がまとめた大型車の車輪脱落事故発生状況によると、令和3年度の…

  5. 整備関係

    岐阜人材連絡会が高校訪問やイベントなど事業計画

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜県…

  6. 整備関係

    岡田英雄・静岡運輸支局長の就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局静岡運輸支局長に前総務部総務課長の岡田…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP