中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振が懸賞キャンペーン2020前半の抽選を実施

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月22日、岐阜市の同整備振興会館で点検整備入庫促進企画「愛車にオアシス・懸賞キャンペーン2020」の第1回(上期)抽選会(写真)を実施した。今年度は昨年7月から6月末までの1年間にわたり展開しており、上期(7~12月)は1万1517枚(前年対比107・2%)の応募があった。コロナ禍で769枚の増加となった。

(全文は整備新聞 令和3年2月10日号:1面に掲載)

車検場内での事故が1000万円を超える高額な弁償費にも前のページ

日整連が理事会で新技術への対応やOSS促進など事業計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御整備認証取得は中部で全国の3割強

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証資格取得が急務となっているが、…

  2. 整備関係

    愛知部販協・石川量章会長の就任インタビュー

    今年6月、愛知県自動車部品販売協会の会長に石川量章氏(トヨタモ…

  3. 整備関係

    JU岐阜AAが組合青年部と共催でイベントAA

    JU岐阜羽島オートオークション(JU岐阜・熊﨑尚樹社長)は2月…

  4. 整備関係

    新型車は令和4年7月から事故時の車両情報記録装置を義務化

    国土交通省は9月30日、事故情報計測・記録装置(EDR)に係る国連規則…

  5. 整備関係

    豊川支部がスーパー駐車場で防犯ネジ取付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中で、愛知県自動車整備振興会(川村…

  6. 整備関係

    愛整振が後期整備士講習のクラス増やし10~3月に開校

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、新型コロナウイルス感染拡大防…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP