中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

日整連が理事会で新技術への対応やOSS促進など事業計画

日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は1月13日、第170回理事会を開き、自動車の新技術への対応、継続検査OSSの運営、特定整備制度への対応などを骨子とした令和3年度の事業計画や収支予算案などを承認した。今回は新型コロナウイルスの感染拡大で、書面審議とした。(写真:竹林会長)事業計画では、コロナ禍による社会・経済への影響や、デジタル化の進展、自動車技術の一層の高度化などを踏まえ、令和3年度は「急激に進む自動車の新技術への対応、継続検査OSSの順調な運営、特定整備、OBD検査、自動車検査証の電子化などの新たな制度への対応などに加え、整備士の人材不足や後継者難への対応を、健全な経営の徹底を図りつつ取り組み、将来に向けて業界の持続的な繁栄を目指し、業界全体の活性化と経営基盤の確立を推進する」ことを基本としている。

(全文は整備新聞 令和3年2月10日号:1面に掲載)

岐阜整振が懸賞キャンペーン2020前半の抽選を実施前のページ

「飲酒・健康」起因などテーマに事故防止セミナー次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    岐阜運輸支局が高校の出前講座で現役整備士の魅力発信

    岐阜運輸支局は2月13日、岐阜県立岐南工業高等学校で自動車整備人材の確…

  2. 整備関係

    自動運転技術に国際基準導入へ保安基準など改正

    国土交通省は自動運転技術に関する国際基準などを導入するため、道路運送車…

  3. 整備関係

    中部整備業界で電子整備認証の取得率が約35%に

    新点検基準の施行を控え、特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得…

  4. 整備関係

    愛知自動車会議所・理事会で検査登録関係など事業計画決める

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は3月24日、書面による令和…

  5. 整備関係

    愛整振・渥美支部が点検教室や街頭検査など積極策

    渥美自動車組合(鈴木正俊組合長)は5月20日、田原市文化広場で…

  6. 整備関係

    検定規則改正で自動車整備士の資格体系を一本化

    国土交通省は、整備士資格制度などを見直す自動車整備士技能検定規則の一部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP