中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

日整連が理事会で新技術への対応やOSS促進など事業計画

日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は1月13日、第170回理事会を開き、自動車の新技術への対応、継続検査OSSの運営、特定整備制度への対応などを骨子とした令和3年度の事業計画や収支予算案などを承認した。今回は新型コロナウイルスの感染拡大で、書面審議とした。(写真:竹林会長)事業計画では、コロナ禍による社会・経済への影響や、デジタル化の進展、自動車技術の一層の高度化などを踏まえ、令和3年度は「急激に進む自動車の新技術への対応、継続検査OSSの順調な運営、特定整備、OBD検査、自動車検査証の電子化などの新たな制度への対応などに加え、整備士の人材不足や後継者難への対応を、健全な経営の徹底を図りつつ取り組み、将来に向けて業界の持続的な繁栄を目指し、業界全体の活性化と経営基盤の確立を推進する」ことを基本としている。

(全文は整備新聞 令和3年2月10日号:1面に掲載)

岐阜整振が懸賞キャンペーン2020前半の抽選を実施前のページ

「飲酒・健康」起因などテーマに事故防止セミナー次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中整連が理事会で特定整備制度の対応など

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  2. 整備関係

    トラック市場の動向、普通・小型ともコロナ禍の影響で荷動き鈍る

    日本自動車工業会(自工会、豊田章男会長)はこのほど、2020年度に実施…

  3. 整備関係

    LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化

    西尾自動車整備協業組合(杉浦隆代表理事、T・S日進商会社長)は…

  4. 整備関係

    【特集】 中部5県整備振興会会長が語る整備業の将来像

    整備業界も大変革期を迎える中、業界の当面の課題は特定整備制度へ…

  5. 整備関係

    施設整備など着実に:松井雅人・軽検査協会愛知主管事務所長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎え、心からお慶び…

  6. 整備関係

    ロータス愛知が今年も県内3カ所で「愛の献血」行う

    全日本ロータス同友会愛知県支部は10月6日、地域奉仕活動の一環…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP