中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中整連が車検証の電子化で国に要望

中部五県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協議会(川村保憲会長)は12月1日、福井県の三国観光ホテルで理事会を開き、令和4年度中間決算報告、点検整備促進キャンペーンの実施状況を説明するとともに、国に対して「自動車検査証の電子化に伴う自動車税等の納税確認」についての要望内容を決めた。

(全文は整備新聞 令和5年1月10日号:11面に掲載)

国交省・1月から車検の検査手数料を引き上げ前のページ

岐阜の指定部会と検査員会が電子車検証の説明会でカードリーダー配布も次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知部販協会長に石川量章氏が就任

    愛知県自動車部品販売協会は3月31日付で向井英夫会長が退任し後任の会長…

  2. 整備関係

    愛知の自動車盗難、特定の車種が半数以上を占める

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は698件となった。愛知…

  3. 整備関係

    なんでも相談で衝突実験車両も展示、安全対策などアピール

    「クルマに関することは何でも相談に応じます」と、愛知県自動車会…

  4. 整備関係

    福井運輸支局が安全・環境対策で33事業場を表彰

    福井運輸支局(髙桒宏之 支局長)は7月25日、福井商工会議所コ…

  5. 整備関係

    静岡整振、総会で技術強化をさらに推進

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月19日、静岡市駿河…

  6. 整備関係

    三重整振、整備業界の未来考える会がイベント参加などを検討

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP