中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜検査員会・総会でコンプライアンスの徹底など事業計画

岐阜県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(大宮昌夫会長)はこのほど、書面による「令和3年度通常総会(代議員会)」を行い、コンプライアンスの徹底や不正改造車排除などを骨子とした新年度の事業計画や予算など決めた。(写真=大宮会長)新年度の重点事業では、①指定工場に対する巡回指導又は集中持込指導の強化②法定スキャンツールを接続した「OBD検査制度」開始に向けた対応③不正改造車等情報提供システム、街頭監視活動の実施による不正改造車の排除④支局が行う書面監査への協力と巡回指導情報提供の実施―などを打ち出している。

(全文は整備新聞 令和3年8月10日号:2面に掲載)

岐阜運輸支局、環境対策など127事業場を表彰前のページ

愛整振・指定22Bが総会で新ブロック長に本多章浩氏を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御装置整備、中部で取得率50%超える

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得率が、3月末現在で中部では…

  2. 整備関係

    愛整振・江南支部が研修旅行で自動車博物館などを見学

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部…

  3. 整備関係

    整備関係

    特定整備開始へ各振興会が整備主任者資格取得講習など強化

    4月から特定整備制度がスタートするのに伴い、各県自動車整備振興会の対応…

  4. 整備関係

    愛整振・津島支部が理事会で新年度事業など審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の津島支部(横井隆幸支部…

  5. 整備関係

    整備業の仕事体験、6月から参加高校生を募集

    国土交通省は今年夏、高校生などを対象に初の「自動車整備業における仕事体…

  6. 整備関係

    全軽愛知事務所の坪内代表に聞く愛知独自の「流通確認業務」

    令和3年1月から軽自動車の申請手続きにおける署名及び押印廃止が…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP