中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

特定整備認証を取得、大森自動車インタビュー

指定工場の大森自動車(名古屋市西区)=写真=は今年1月、「電子制御装置整備」の認証を取得した。大森英雄社長に特定整備への対応についてお聞きした。

―新制度の認証を取得された目的は?

大森社長 新しい運転支援技術を搭載した車両が普及している中で、さまざまな車を点検・整備するためにも必要な認証であると思います。当社は関連会社でタクシー事業を行っており、安全運転支援装置を搭載したジャパンタクシーも数多く保有していますので、早めに電子制御装置整備の認証を取得しました。

(全文は整備新聞 令和3年5月10日号:2面に掲載)

日整連・今年度スローガン「どこ行こう その日のために マイカー点検」前のページ

中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    業界の持続的繁栄へ:田中森・福井整振会長

    新年明けましておめでとうございます。 令和4年の節目となる輝かしい新年…

  2. 整備関係

    新点検基準が10月施行、OBD点検を記載

    今年10月から改正点検基準が施行され、新しい点検整備記録簿への記載が始…

  3. 整備関係

    中部で特定整備認証取得が徐々にペース上がる

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が昨年秋以降、徐々に増加ペ…

  4. 整備関係

    保障法の改正、自賠責の一部で事故被害者支援

    自動車事故による被害者の保護を増進するため、自動車損害賠償責任保険(自…

  5. 整備関係

    自動運転技術に国際基準導入へ保安基準など改正

    国土交通省は自動運転技術に関する国際基準などを導入するため、道路運送車…

  6. 整備関係

    電子車検証、国交省がA6サイズにICタグの仕様を決める

    電子車検証、国交省がA6サイズにICタグの仕様を決める…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP