中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

AIR名古屋支部が「生き残りのビジネスは」と講演会

損保ジャパン日本興亜代理店の整備工場で組織するAIRオートクラブ名古屋支部(横井隆幸支部長)の次世代サポート部会(水野弘之部会長)は11月29日、名古屋市中区の損保ジャパン名古屋ビルで「次世代サポート部会フォーラム」(写真)を開催。今回はジェイシーレゾナンスの松永博司社長を講師に「自動車業界・今後自社が生き残るためには」をテーマにした講演を聞いた。

(全文は整備新聞 令和3年12月10日号:3面に掲載)

愛知ダイハツが県内3店舗で健康安全運転講座を開催前のページ

ロータス愛知が御園座で「女性の集い」を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス岐阜がWEB総会で可兒支部長選出し、事業計画など決める

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部は5月24日…

  2. 整備関係

    愛整振・中支部が総会で研修や親睦事業を柱に事業計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)中支部(野田浩司支部長)…

  3. 整備関係

    電子車検証の記録等事務委託で概要を説明

    電子車検証に関係する道路運送車両法施行規則を改正する省令が公布…

  4. 整備関係

    JAF愛知支部が夕暮れ時の事故防止を呼びかけ

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は「秋の交通…

  5. 整備関係

    運輸局の窓口など、キャッシュレス化やデジタル化で検査登録手続きを便利に

    国土交通省は、自動車検査登録手続きの「キャッシュレス化」と「デジタル化…

  6. 整備関係

    昨年度のリコール総対象台数37%減、4年ぶりに前年以下

    国土交通省は令和2年度のリコール総届出件数と総対象台数をまとめた。届出…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP