中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

AIR名古屋支部が「生き残りのビジネスは」と講演会

損保ジャパン日本興亜代理店の整備工場で組織するAIRオートクラブ名古屋支部(横井隆幸支部長)の次世代サポート部会(水野弘之部会長)は11月29日、名古屋市中区の損保ジャパン名古屋ビルで「次世代サポート部会フォーラム」(写真)を開催。今回はジェイシーレゾナンスの松永博司社長を講師に「自動車業界・今後自社が生き残るためには」をテーマにした講演を聞いた。

(全文は整備新聞 令和3年12月10日号:3面に掲載)

愛知ダイハツが県内3店舗で健康安全運転講座を開催前のページ

ロータス愛知が御園座で「女性の集い」を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備需要動向調査、売上・入庫DIが最低

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、第49回「整備需…

  2. 整備関係

    愛整振・川村保憲会長の就任インタビュー

    愛知県自動車整備振興会の新会長に9月1日付で、副会長を努めてきた川村保…

  3. 整備関係

    永平寺の自動運転を社会受容性シンポジウムで紹介

    国土交通省は経済産業省と連携し、3月25日に東京都江東区のTOC有明コ…

  4. 整備関係

    愛知ダイハツ・ADW弥富物流センターを開設

    愛知ダイハツグループのADWホールディングス(坪内孝暁社長)は…

  5. 整備関係

    中部の整備工場数で10月の新規が廃止の3倍に

    特定整備制度への取り組みが活発化する中で、中部の整備工場数は認証の新規…

  6. 整備関係

    整備主任者や検査員の課題学習(自主学習)がスタート

    コロナ禍で大勢が参加する研修・講習のあり方が課題となる中、国土交通省は…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP