中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

日整連・登録実技試験の結果、平均合格率59%

日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、1月16日に実施した令和3年度第1回(第103回)自動車整備技能登録試験(実技試験)の結果を発表した。それによると、今回の種目の2級ジーゼル自動車は受験者数15人、合格者数5人(合格率33・3%)。3級自動車ガソリン・エンジンは受験者数257人、合格者数157人(同61・1%)。合計で受験者数272人、合格者数162人(同五9・6%)となった。

(全文は整備新聞 令和4年2月25日号:3面に掲載)

ロータス岐阜・Zoomで春のキャンペーン決起大会前のページ

愛整振、フロントマンレベルアップ研修を開催次のページ

関連記事

  1. 特集

    【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める

    自動車技術の高度化を背景に、整備業界も変革への対応を迫られる中…

  2. 整備関係

    中部の行政処分、不正車検で指定取消など

    中部運輸局は令和3年度の整備事業者に対する行政処分状況をまとめた。前年…

  3. 整備関係

    岐阜整振・商工組合が理事会で総会上程議案

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は第30回通常理事会、同…

  4. 整備関係

    JAF愛知支部が豊橋市と県内26番目の観光協定

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は5月26日…

  5. 整備関係

    機械工具のイヤサカが洗車設備機器の内覧会で実演も

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(高津勇二…

  6. 整備関係

    愛知の自動車盗難、前年比49%の大幅増(7年ぶり)

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は745件で、前年の認知…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP