中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振、フロントマンレベルアップ研修を開催

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は2月14日、小牧教育センターでフロントマンレベルアップ研修(写真)を開いた。昨年度はコロナ禍の影響で実施できなかったが、ユーザーに満足してもらうための接客技術のスキルアップを目的に毎年開いている。今回は会員事業場から女性4人を含む16人が参加した。

 

(全文は整備新聞 令和4年2月25日号:3面に掲載)

日整連・登録実技試験の結果、平均合格率59%前のページ

三重自販協、総会で岩井支部長・会長を再選次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・整商連が書面で総会、竹林会長らを再選

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(竹林武一会長)は9月25…

  2. 整備関係

    DAITO―焼却炉のオンライン展示場を新設・新営業サービス

    小型焼却炉の製造・販売、メンテナンスなどを行うDAITO(本社…

  3. 整備関係

    中部の行政処分、不正車検で指定取消など

    中部運輸局は令和3年度の整備事業者に対する行政処分状況をまとめた。前年…

  4. 整備関係

    交通死亡事故多発する中で「春の交通安全運動」

    自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  5. 整備関係

    整備関係

    愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

    ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユ…

  6. 整備関係

    JAF愛知支部が夕暮れ時の事故防止を呼びかけ

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は「秋の交通…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP