中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

OBD検査・確認に向け三重で初の意見交換会

自動車技術が高度化する中で、中部運輸局自動車技術安全部は令和6年10月からの「OBD検査・確認」の開始に向けて、整備業界との円滑な導入に向けた「OBD検査意見交換会」を開始した。来年3月までに各県整備振興会と数回ずつ意見交換を実施する予定にしている。10月30日には第1弾として三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)の整備業界の未来を考える会(伊井雅春 座長)と意見を交わした。

(全文は整備新聞 令和5年11月10日号:1面に掲載)

中部と近畿の整備振興会が業界の課題など会議で情報交換前のページ

愛整振・渥美支部が市民祭に参画して点検のポイントを説明次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・支部長会で来年度のキャンペーンなど審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は2月10日、小牧教育セ…

  2. 整備関係

    愛整振・西支部がおまつり広場の点検教室に300人

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西支部(堀田誠支部長)…

  3. 整備関係

    中部運輸局・整備業など162事業者表彰

    中部運輸局は10月26日、局会議室で令和5年度の運輸関係優良事…

  4. 整備関係

    整備関係

    コロナ対策で4回目の車検延長

    新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府の緊急事態宣言の実施機関…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツが豊橋店を移転しグランドオープン

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)はこのほど、豊橋市花田町に同社豊橋…

  6. 整備関係

    福井整振・3支部がマイカー点検教室を開催

    福井県自動車整備振興会(田中森 会長)では、今年は県内3支部がマイカー…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP