中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

OBD検査・確認に向け三重で初の意見交換会

自動車技術が高度化する中で、中部運輸局自動車技術安全部は令和6年10月からの「OBD検査・確認」の開始に向けて、整備業界との円滑な導入に向けた「OBD検査意見交換会」を開始した。来年3月までに各県整備振興会と数回ずつ意見交換を実施する予定にしている。10月30日には第1弾として三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)の整備業界の未来を考える会(伊井雅春 座長)と意見を交わした。

(全文は整備新聞 令和5年11月10日号:1面に掲載)

中部と近畿の整備振興会が業界の課題など会議で情報交換前のページ

愛整振・渥美支部が市民祭に参画して点検のポイントを説明次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    車検場での衝突や出火事故など受検者の事故が多発

    自動車検査場内における受検者の事故が後を絶たない。検査機器を壊すだけで…

  2. 整備関係

    愛知・指定研究会が役員会で来年度の事業計画などを討議

    県内の有力指定整備工場で構成する愛知県自動車指定研究会(奥村静…

  3. 整備関係

    岐阜整振・能登半島地震災害義援金を寄託

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は5月16日、能登半島地震で被災…

  4. 整備関係

    整備士の待遇改善も:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。会員の皆様におかれましては、令和五…

  5. 整備関係

    岐南工業高の研究会が整備士PRコンテンツ大賞を受賞

    自動車整備士の新たな魅力発信を目的とした令和4年度「自動車整備…

  6. 整備関係

    愛整振・川村保憲会長インタビュー「技術の急展開に対応し使命果たす」

    2024年がスタートした。自動車技術の高度化を背景に、整備業界は大変革…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP