中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部のビッグモーター3店舗が指定取消処分

中部運輸局は10月24日、点検整備料金の過剰請求、車検に必要な検査の一部を省略するなどの道路運送車両法違反により、名古屋市港区のビッグモーター名古屋茶屋店、浜松市南区の同浜松南店、福井市の同福井店の3店舗に対して指定自動車整備事業の指定取消などの行政処分を行った。

(全文は整備新聞 令和5年11月10日号:3面に掲載)

損保ジャパンがビッグモーターでの修理車両などサービス点検前のページ

JU岐阜・全国リレーAA開催、出品6574台次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    10月の登録試験で試験時間に間違い車体の16人が影響

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、10月2日に実施…

  2. 整備関係

    業界の団結と協調で使命を果たす:川村保憲・愛整振会長インタビュー

    自動車整備業界も大変革期に入っている。急進展する自動車技術の高度化を背…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツが「コロナ対策に」と愛知県内の3病院に寄付

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は、社会貢献活動の一環として、「新…

  4. 整備関係

    愛知・岡崎支部が従業員、家族含めボウリング大会を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  5. 整備関係

    岐阜整振・10月28日に整備技能競技大会を開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は10月28日、岐阜市…

  6. 整備関係

    愛整振・豊田支部の親睦ボウリング大会に会員86人が参加

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の豊田支部(杉浦直人 支部長)…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP