中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・港支部が新春講演会を開催

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の港支部(鈴木護 支部長)は1月26日、名古屋港ポートビルで勉強会と懇親会を内容とした新年会(写真)を開いた。勉強会の冒頭、鈴木支部長は、「今年1月からは軽自動車でもIC車検証が始まり、10月からはOBD検査・確認も実施されるなど、変化への対応が求められている。研修を通じて各事業場の理解を深めてほしい」と挨拶した。

(全文は整備新聞 令和6年2月10日号:2面に掲載)

愛整振・中村支部が新年会を開き会員相互の交流深める前のページ

愛整振・春日井支部が年賀交歓会を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス愛知が春のキャンペーンで目標必達に気勢

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(小…

  2. 整備関係

    検査員研修などで検査の一部未実施防止に向け指導

    愛知運輸支局は令和4年度整備主任者法令研修・自動車検査員研修の…

  3. 整備関係

    中部運輸局長に金子正志氏が就任

    国土交通省の7月4日付人事異動で、中部運輸局長に運輸総合研究所…

  4. 整備関係

    愛整振・岡崎支部が総会でユーザー対策骨子に事業計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・岡崎支部(横山陽一支部長)はこ…

  5. 整備関係

    イヤサカ・OBD検査の内覧会でセミナー開催

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義 社長)の名古屋支店(高津勇…

  6. 整備関係

    整備関係

    岐阜運輸支局が高校の出前講座で現役整備士の魅力発信

    岐阜運輸支局は2月13日、岐阜県立岐南工業高等学校で自動車整備人材の確…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP