中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知整振・支部が主体で特定整備対応の資格取得講習を開催

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得に向けて全会員事業場を対象に取り組みを展開している。とくに全国一の整備工場数がある愛知県では、振興会の支部が主体となり、整備主任者資格取得講習の開催に力を入れてきた。今年6~9月の約4カ月間で、28支部が支部主催による整備主任者等資格取得講習の実習を六十八回開催、2200人が受講した。(写真=支部主催による資格取得講習の実習)愛知では対象1万3500人のうち、11月末現在で約1万人が受講を修了している。特定整備への対応は、ユーザーの安全・安心を支える整備業界にとって重要な取り組みとして業界全体で期待が高まっている。

(全文は整備新聞 令和2年12月10日号:4面に掲載)

愛知車恊が理事会で役員改選や高度化講習など前のページ

課題を乗り越えて時代へ!次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部の行政処分、不正車検で指定取消など

    中部運輸局は令和3年度の整備事業者に対する行政処分状況をまとめた。前年…

  2. 整備関係

    愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部長)はこ…

  3. 整備関係

    名古屋の軽車検場で検査機器に衝突事故

    軽自動車検査協会愛知主管事務所(名古屋市港区)で11月6日、検…

  4. 整備関係

    豊川支部が総会開き役員改選で近田支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊川支部(大羽政好支部…

  5. 整備関係

    整備売上高が4年連続でプラス成長

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和2年度…

  6. 整備関係

    国交省が検討、車検時に5項目のOBD確認を導入

    自動車技術の高度化に伴い、点検・整備関連の法・制度改正が進んでいるが、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP