中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

福井運輸支局・小林直人支局長就任インタビュー

4月1日付で中部運輸局福井運輸支局長に、前中部運輸局交通政策部計画調整官の小林直人氏が就任した。福井県は自家用乗用車の世帯当たり保有台数が全国一。公共交通の不便さなど交通問題は大きなテーマとなっており、自動車整備業界の役割は大きい。高度化する自動車技術への対応など課題は山積する。県内自動車市場の現状と課題などについて、小林新支局長に話をお聞きした。

――はじめに、支局長ご就任の抱負からお聞かせ下さい。

小林支局長 福井県の一世帯あたりの自動車の保有台数は全国1位であり、県民にとりまして自動車は必要不可欠な移動手段となっています。昨年の交通事故死者数は、人口10万人あたり4・01人と高い数値となっており、交通事故防止はもとより、その要因となり得る自動車の不具合防止のための点検整備は必要不可欠となっています。

(全文は整備新聞 令和2年6月10日号:1面に掲載)

整備関係自動車盗難 1件当たり被害額が増加前のページ

JU岐阜が総会で地域密着型で事業展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    4月から自賠責保険料が平均16・4%の値下げに

    自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が4月1日から、平均16・4%…

  2. 整備関係

    岐阜整振がイベントで子供たちに整備士を体験

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月23日、岐阜市のO…

  3. 整備関係

    愛整振・整備賠償共済保険の加入促進に注力

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)では、会員が加入すること…

  4. 整備関係

    【特集】 中部5県整備振興会会長が語る整備業の将来像

    整備業界も大変革期を迎える中、業界の当面の課題は特定整備制度へ…

  5. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  6. 整備関係

    整備関係

    新型コロナの感染予防で「窓口の混雑避けて」と協力訴え

    新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて「緊急事態宣言」が出されている中…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP