中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備需要動向調査で業界の景況感の悪化が続く

新型コロナウイルス禍の影響もあり、自動車整備業界では総整備売上高DI・総入庫台数DIが低下しており、景況感も一段と悪化している。日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)はこのほど、第53回「整備需要等の動向調査」の結果をまとめた。
今回は専業の認証246事業場、専業の指定400事業場、ディーラーの指定306事業場の合計952事業場を対象に、今年7月時点で調査した。調査結果の概要によると、今期(令和4年1~6月)の総整備売上高DI(プラスと回答した事業者の割合からマイナスと回答した事業者の割合を引いた数値)は、前期(令和3年7~12月)のマイナス13・5から6・6ポイント低下してマイナス20・1に悪化した。業態別では、専業指定とディーラーが共に低下し、専業認証は微増(プラス1・6ポイント)となった。

(全文は整備新聞 令和4年11月10日号:4面に掲載)

大型車の車輪脱落事故が上昇傾向、人身事故も発生前のページ

岐阜車協が理事会でレバレート交渉の勉強会などを審議次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    指定22Bが指定工場の動向テーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の指定22ブロック(津…

  2. 整備関係

    中部運輸局・1月27日に事故防止セミナーを開催

    中部運輸局は来年1月27日、「自動車事故防止セミナー2021」を開く。…

  3. 整備関係

    愛知整振・支部が主体で特定整備対応の資格取得講習を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、今年度からスタートし…

  4. 整備関係

    中部で指定取消処分が15件、BMの不正車検など

    中部ではビッグモーター(BM)の悪質な不正事案などが多く発生したことも…

  5. 整備関係

    日整連・整備白書で人材不足対応など調査

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和4年度特定整…

  6. 整備関係

    愛整振・岡崎支部が県内トップを切りマイカー無料点検を実施

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の岡崎支部(横山陽一 …

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP